中村旅館ブログ

ホーム > 中村旅館ブログ > カテゴリー: 松茸山

台風19号で被災されて方々に心よりお見舞い申し上げます。

2019年10月18日

台風19号で被災されて方々に心よりお見舞い申し上げます。

鹿教湯温泉でも12日に320mmの降水があり、2日間の停電、周囲では土砂崩れ、道路の陥没、住宅の浸水などの被害が出ました。

当館では停電による源泉の供給の停止(3日間温泉が使えませんでした)、館内の温泉を送りだすポンプが浸水により破損などの被害が出ました。

現在はほぼ復旧し、通常の営業が出来ています。(ポンプの破損で温泉のシャワーが出ません。ポンプが届き次第復旧予定・遅くとも週明けには届くそうです)

 

昨日、台風後初めて山に行ってきました。

雨に打たれて痛んだ松茸。軸はしっかりしていますが傘がズタズタです。

これもそう、傘の表面が削られて白っぽくなっています。

 

しかし、質のいい上等な松茸も採れました。

傘の裏の白さが美しい。新鮮な証拠です。

 

そろそろシーズンも終わりに近づいています。

来週、名残の松茸を採って終わりかな。

その後2週間ほどは松茸料理をご提供できるかと、もちろん在庫が無くなればお終いです。

 

 

 

台風の前に

2019年10月12日

長野県中部地方は強い雨が降り続いています。

昨日、台風が来る前に山へ行ってきました。

松茸は単独での発生がほとんどで、収穫も終盤に近づいています。

開きが多く、収穫量も減ってきました。

今日の収穫、

来週が最後の収穫になりそう・・・

月末までは松茸プランが提供できそうです。

 

今日は動画もご覧ください。

2019年10月8日

毎年群生してくれる『シロ』。今年も頑張ってくれました。

収穫したものがこちら。

近くには他にも大物が・・・急斜面で手ブレしていますが、この周辺の動画をご覧下さい。

圧縮動画1 IMG_3943

熊よけの鈴の音が入ってますね。

 

先日からの7本の群生の残り3本、開いてました。

結構大きいです。

こちらもどうぞ。

圧縮動画2 IMG_3945

今年一番の収穫量

2019年10月5日

秋らしい気候になってきました。

今年の松茸は不作らしいのですが、当館の山では順調に採れています。

いろいろな松茸をご覧下さい。

本日の収穫はこれ今年一番の収穫量です。

10月になりました。

2019年10月2日

10月に入り、やっと雑キノコが採れました。

3週間は遅れてる。

ほとんどが「アミ茸」でお目当ての「コムソウ茸」はまだ数本のみ。

 

さて、肝心の松茸はというと・・・

焼き松茸にちょうどいいサイズ。

大きな開きもあります。 掘り出したものが次の写真。

傘の部分は天ぷらやすき焼きにうってつけ。

こんな群生もあります。

 

ところで先日の7つある幼菌の群生。  大きくなっていました。

 

今日の収穫はこれ。

日曜日に降った雨が少しだけ効いています。

まとまった雨が本当にほしい。

山が乾いています。

2019年9月28日

半月ほど雨が降っていません。

松茸は良い物が採れているのですが、山は乾きすぎ、雑キノコはあみ茸が少々。

正直まとまった雨がほしい。

 

違和感があった所の土を静かにどけると

 

 

 

 

 

 

 

 

 

傘が根に阻まれて地上に出られなくなっていた。

傷つけないように掘り出すと(結構大変)

しまった良い松茸。

こんな群生(7つあります)も見つかって今後に期待が・・・雨がほしい

今日の収穫、。

 

今年の松茸

2019年9月25日

サイトのトラブルなどがあり、松茸山の情報のUPが遅れていました。

12日に幼菌を見つけ、実際の収穫は17日から。

9月に入ってからの気温が高いせいで、松茸の発生は遅れ気味とのこと・・・

当館の山は地元で「日陰山」と言われおり、地温が低めな所があると思われ、例年通り生えてきました。

これが17日の収穫。

暑さのせいか品質はまだあまり良くありません。

次が20日、有りました!

根本でつながっていました。 小さい方はもう2~3日待ってから採りたかった。

かなり大きいものも採れています。

20日の収穫がこれ。

不思議なことに、今年は雑キノコがほとんど採れません。

松茸が採れているので良しとします。

次が24日の収穫。

松茸の色合いが白っぽいでしょう。これは早い時期から盛りにかけて採れる松茸の特徴です。

シーズンも終わりに近づくと、黒っぽい松茸が多くになります。

これは特大の開き、眼鏡との比較で大きさが分かります。

単独では得るのが多い中、群生も少々あるので、今後に期待が持てます。

24日の収穫はこれ。

雑キノコも採れ出し、シーズンはこれから。

松茸山も終盤です。

2018年10月15日

5日ぶりの松茸山です。 シーズン終盤は日にちを空けて山に行きます。

キシメジ・シモフリシメジ・クリタケ・マツタケモドキなど晩秋のキノコが出てきました。

豊作だった今年の松茸山もいよいよ終わりが近づいています。

松茸はほとんどが結構な斜面に生えているので、下から見上げると茶色い中に白さが目立ちます。終盤は大きな開きが多くなります。 日にちを空けて山に行くので当たり前なのですがね。中開きもあります。結構なサイズの良い松茸。焼き松茸にもってこいの大きさ。

かなりの量の松茸が冷蔵庫で保存してあります。(保存方法も一工夫してあるんですよ。)

今月下旬までは大丈夫かな。

 

最後におまけの動画。(足場が良くないのでブレブレです)

鳴っているのはクマよけの鈴。

 

 

 

 

 

 

大きく開いて

2018年10月10日

連休明けの昨日、数日ぶりに山へ行きましたよ。大きく開いていたのが沢山!まだまだいけるじゃん!

深い「シロ」からのものが多くありました。軸が長く太い大きなマツタケです。掘り出したものがこれ。しまったいいマツタケです。

群生もあります。

こんな中開きが個人的には好きです。

販売するのなら、つぼみが良いのですが、当館ではすべてお客様にお出ししているので、大きくなってからのほうがとても有り難い。

予想の以上の収穫で、✖キロ採れました。 背負子が重かった。

 

 

 

盛りは過ぎたかな・・・・

2018年10月3日

松茸の収穫もピークは過ぎたみたいです。それでもこんな風に1カ所の『シロ』からまとまって出てくれています。

採れる量は減っていても、まだ行けそう。こんな具合に生えていてもほとんどが地中に埋まっています。 『採る』と言うより『掘り出す』が正解。これも同じです。

石突の白い部分は『根』のような物で、地中でシロにくっついています。

軸に沿って穴を掘り、松茸を傷つけないように気をつけて、軸を揺さぶり『根』のようなものをブチブチっと引きちぎる様にして取り出します。 結構力がいる作業。

 

ところで、こんな看板が今年は出ています。

9月上旬、昔あった養蜂所跡でクマが目撃されました。

松茸山の近くです。

今年はクマよけの鈴を増やして山に行っています。

雨の後や風の強い日は出合い頭にクマと遭遇する確率が高くなるので,

注意して山に行きます。

1 2
中村旅館ブログ
外観写真

〒386-0322
長野県上田市鹿教湯温泉1386
フリーダイヤル
0120-320-360
TEL:0268-44-2201
FAX:0268-44-2008
【受付時間】8:00〜21:00
年中無休